バグ(bug)の根源は「蛾」でした!

バグ(bug)の根源は「蛾」でした・・・と出ました!!

パソコンに、かかわっていると
何か変な単語が出てきますね。

最近は「バグ」・・と頻繁に出てきます。



先日も、PCである事を検索していました。

 

すると
バグ 【 bug 】というのが出てきたのです。

 

この単語によって
意味が解らず先に進む事が出来ませんでした。
そこで早速、調べてみると・・・

 

バグとは、
簡単にいうと
コンピュータプログラムに含まれる誤りや不具合のことでした。

説明によりますと

人間が作成する以上、よほど小規模のものでない限り、
バグのまったくないプログラムを作成するのは
不可能だというのです。

そのために、
ソフトウェアの開発過程では、バグを取り除く作業をするそうなのです。

そして、それが非常に重要となるようなのです。

ソフトウェアの開発者はバグが見つかったら
それを修正し、新たな版として再配布したり、
修復プログラムを配布することが多いようです。

 

この
バグの根源は、「小さな虫」と呼ぶようになったのは、

初期のコンピュータの論理スイッチに使われていた

電導式リレーの間に小さな虫が挟まり、

その場所が接続不良を起こしてしまいました。

 

その、動作に不具合を生じたことが「バグ」の語源と言われています。

 

ちなみに
世界最初のバグは1947年に米ハーバード大学で

海軍研究所に出荷される前のテストを受けている

コンピュータから発見された「蛾」だという。

このときの「蛾」は

不具合の報告書とともに海軍のコンピュータ博物館に保存されているそうです。
調べれば、このような細かい所まで知ることができました。
面白いですね。
「バグ」の根源が「蛾」だったなんて、想像もしていませんでした。

 

PC用語で「バグ」は頻繁には出てきましたので調べましたが
知らないよりは、知っていることに越してことはありません。

 

知らなくて、
また、意味が解からない時は調べた方がいいですね。

 

それによって、他の事も知る事ができますから・・・・。

IT用語は、ほかにもたくさんありますから調べたましょう!

 

Comment

  1. こんばんは、さくら子さん。

    totochan(ととちゃん)ともうします。

    ブログランキングから来ました。


    バグの根源が「小さな虫」で、

    世界最初のバグの原因が「蛾」だったとは、

    しりませんでした。

    いろいろ調べると面白いですね。

    勉強になりました。

    ありがとうございます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


アドセンス



i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!