ランディングページは難しい!・・・重要性と作り方!

ランディングページの重要性と作り方!

ランディングページって
どのように始めるかわからない・・という部分がりますね。

 

 特に、成果が上がる(LP)を作る難しさです。

 

それは
最終的に購入してもらわないといけないからです。

 
本当に難しいです。


一番に念頭に入れて置くのは構成です。
お客さんの関心事を、ズバリ指摘します。

ユーザーの関心事は「何か」をです。

 

そこで、キャッチコピーが重要です。

次に、ストーリーを意識して作ります。
1、ファストビューが大切です。
ファストビューとは?

ユーザーがホームページを訪問した時に
スクロールせずに、内容が全部表示される範囲のことです。

 

これがうまく表示されないと、ユーザーがホームページから
離れてしまう可能性があります。

 

だから、
・ホームページのデザインや
・個々のページの内容をイメージします。

 

訪問者が、スクロールしてその下を見てもらえるように
工夫を凝らす必要があるんですよね。
魅力的なファーストビューを作るポイントは?

・ファーストビュー以下にもう情報がそこで終わっている、と
思われてしまわないように工夫する。
・ファーストビューがわかりにくいとダメですね。
読み進められるような文面にする。

 

・検索結果のタイトルや説明文など、
要因がファーストビューが必ず一致している。
そして、わかりやすくシンプルに見せることが必要ですね。
また、アクセス解析によって訪問ユーザーの閲覧環境を調べ
多くのユーザーのファーストビューを把握することも大切です。

 
2、 問題定義・・興味付けをする。

大概は、サイトに訪れるユーザーは、 何かしらの問題を抱えています。
そこで、
ニーズとのマッチングができましたら
「このサービスや商品であれば、
あなたが抱えている問題を解決できます!」と
いうことを強く提示し、ユーザーの興味を引きます。

 

そのうえで、
あなたにとって、この商品は問題解決できるのか。
又、何が優れていて、どこがおすすめポイントなのかを、
簡潔に提示します。
3、共感してもらう。

悩みを解決するには、その悩みを理解しなければなりません。

 

ユーザーの抱えている問題を知ることが大切ですね。

 

そして、抱えている問題を解決出来つ事をアピールします。
このように、ユーザーが内容に共感し、
さらに
・興味
・関心を強めてくれるように文章などを工夫して書きます。

 

ユーザーの抱えている問題を知っていることをアピールます。
なぜ多くの人が関心を持つのか?

言葉で解きほぐしまながら、お客さんの気持ちを代弁し、
「そうそう、そうなのよ」と思ってもらうように書きます。
商品の特性によって、長めに説明したり、
短く2~3行)で済ませる場合もあります。
4、問題の解決法を提示する。

ユーザーに、共感を促した次は、
抱えている問題をどのように解決できるかを
明確に提示します。

 

あなたの抱えている問題を解決するために
この商品が最もふさわしい事をアピールします。
5、商品の裏付けと解決できる証拠を示す。

ランディングページには
商品の良いところばかりが書かれています。
そうすると
「いいことばっかり言ってるんじゃないの?」と疑問がでます。
なので、その不信感をなくす必要がありますネ。
ユーザーが、 心配な点や反論を洗い出します。

 

つまり、デメリットも必ず書きます。

それによって、ユーザーは自分にとって
これは、必要があるかを判断できますよね。

 

6、いよいよ・・・クロージングです。

 

ここまで読み進めたユーザーは決心します。
必要か?
必要ないかを決めます。
だが、ユーザーは最後の最後で止めてしまう事があります。
なので、弱気になっていたら、そこで最後の一押しです。
ユーザーの背中をポンと押してあげる必要がありますネ。

それは
「期間限定」
「今なら特典付き」
「商品を買わないと損をする」などの事柄を全面に出します。
あなたは、今、ここで成約することによって
こんなに「得」をするんですよ・・・って事を重ねて表示しましょう。

 
最後にまとめです。
ここまで来ましたランディングページ(LP)の目的は、
商品の購入や
資料請求など・・・ゴールは変わっても、
ユーザーになにかしらの行動を起こしてもらうことです。

 

行動してもらうには、人間はなにか原動力がいるのです。

 

ユーザーの心を動かすような、原動力となる内容を工夫します。

 

その工夫によって、より成果を挙げられるようになります。

 

ポイントはここにあります。

・問題を抱えているユーザーに、問題解決できる明確なイメージを提示する。

・信頼してもらうために、共感、セルフオブジェクションなどのテクニックを駆使する。

・ユーザーの原動力を引き出すような内容を工夫する事です。

さあ~ここまで来ましたら、最後は成約になるように待ちましょう!

 

 

 

Comment

  1. yoshihiko より:

    こんにちは。
    キャッチコピー、ストーリーの中に、読者が抱える問題解決をどれだけ達成することができるのか?
    この説得力ですよね。
    僕もそんな文章を書くことができるように頑張ります!

    応援ポチ完了です!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


アドセンス



i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!