効果を生むための文章作成法。

今日から出来る!

効果を生むための文章作成法。
こんばんは、さくら子です。

今日は、文章を書く時のコツを今日は1つ書きますね。

文章を書くのが苦手な人って結構いますよね。
その中の一人が私も入っています。

私も今までインターネットビジネスをはじめてから
何かを伝えるには全部文章です。



上手な文章というのは、
インターネットビジネスの場合は

・伝わる文章のことです。
まず最初の扉としては、読者さんに、
こちらが【一番伝えたいこと】が伝わること、
これが当面の課題になると思います。

 
ちなみに、よくありがちなミスとしては、
 
 「今日は本当に一生懸命考えて文章を書いた」・・・という
 自己満足です。
 
これは、あなたの主観であって、客観的な事実ではありません。
あなたの文章の「良し悪し」は
読者さんが決めることですよね。

メルマガでも
ブログでも
サイトでも、
Facebookでも
Twitterでも、・・・・こちらが意図していることをお客様に伝えられて初めて
          【最低限の文章が書けた】ということになります。
この最初の課題をクリアするだけで、相当成約数や媒体効果が変わってきます。
この【伝えたいことを伝える】ためにはどうしたら良いでしょう?
・まず、結論を明確に書き出すことです。

 

もし、あなたがインターネットから満足に売上を出せていないとしたら

【何が言いたいのか全然わからない文章】だからです。

 

特に成果が出ない人や初心者さんに多いのは、

的を絞りきれていない文章です。

 

一つの記事や配信の中で、
お客様に伝えることは最大で1つ、最少で1つです。

 

つまり、【1つの的】だけに絞って、
そのことについてのみ書いてみるといいですね。

 

的が複数あるケースや、
話が脱線しているケースが多いとお客さんは迷ってしまいますね。
文章が下手な人がやりがちな事とは?
・動画にもアフィリエイトリンクにも案内しようとしている

・何かについて書いていたのに、途中で自分の経験や自己紹介の話が挟まっている

・そもそも結論が何なのかあやふや

・結論へのプッシュが甘い
上記のようなケースは「ダメ」・・・とよく言われています。

 

1つの記事で読者さんに2つのアクションを起こさせるのは、
上級者のやることです。

つまり、
「この動画を見た後に、このページをご覧ください」

みたいなのは、集客やブランディングなどが完成されていないと
難しいアプローチ方法ですネ。
ビジネスには段階があります。
自分を知ってもらって、
信頼される人になってからです。
そのためには、まずは自分を抑えて読者さんの
【得】に専念する必要があります。
それが最初のステップです。
今日、書いた方法は、コピーライティング=文章術の最初のステップです。
意識するべきポイントを大げさなほど意識して毎回実践すれば
文章を書くのが楽しくなるかもしれません。

 

是非、ぜひ、好きになって欲しいと思います。

Comment

  1. りんこ より:

    こんばんわ。りんこです。
    主観と客観は必ずしもイコール=ではないですもんね。
    文章を書いた後、客観的に見直してみる事も大事ですね。
    勉強になりました♪
    ありがとうございます。
    応援完了です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!