リンクが少ない方がグーグルの評価はよいのか?

リンクが少ない方がグーグルの評価が良いのか悪いのか?

リンクのお話です。

私たちは、ブログやサイトで文章を書いていると
記事の中でリンクを貼る事も多いです。



そのような中で、グーグルでの評価はどうでしょう。

それは、グーグルでは「リンク」が多いより
少ない方が評価が良いようです。
この場合のリンクとは、発リンクのことです。
発リンクとは、記事から発するリンクなので
発リンクと言います。

この、発リンクが少ないほど
グーグルの評価がアップ されるという。

ちなみに、他のサイトやブログから送ってもらう
リンクは、被リンク(バックリンク)と言います。
この、
被リンク数が多い方がグーグルの評価がアップします。

だが、低品質で機械的な被リンクが多いと
評価は下がるようです。

 

特に外部への発リンクは、ないのが一番だということです。
でも、グーグルの評価ばかりを気にしていると
記事を読む人の立場を忘れがちになりますね。

 

記事を読む人がクリックして購入されることで
成果がでるわけなので、読んでいる人に
役立つ位置にリンクをおくのが親切です。

 
それが、成果アップにつながるのですからね。

 

記事タイトルの答えを書くことを意識して
その際に必要と思われるリンクを貼るのがベストなんですね。

 

読み手の立場にたって
リンクを置く位置を考えるのがコツです。
つまり、発リンクは、少なければ少ないほど
いいというワケです。
とにかく、クリックされやすい文章作りは
「コレで良い」・・・というのがないようです。
工夫が肝心なんですね。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!