スタンディング・デスク(立ち机)の話題です。 

キャプチャtas

スタンディング・デスク(立ち机)の話題です。 

最近、椅子に座る時間が長ければ長いほど
寿命が縮まるという恐ろしい研究が相次いでいます。

そうでなくても座りっ放しは腰痛に響くという。



そこで最近、人気が高まっているのが

スタンディング・デスク(立ち机)だ。

文字通り立った姿で仕事をする机で、
米グーグルやフェイスブックなどの

「IT大手や国内ベンチャー企業」でも
導入するところが増えたという。

 

 

個人では、机に箱を載せ、その上にパソコンを置いて
立ったまま作業をする人も見かけます。

このようなことは、
いったいどれほどの効果があるのでしょうか?

それは学校などでは
生徒の集中力が高まり、テストの成績がアップするという。

教育現場における数々の効果は2016年1月、
米小児科学会誌「ペディアトリクス」で特集された。

それによると、米国では多くの学校で導入が進んでいるという。

 

又、ニュージャージー州の公立小学校の例では、
教室内の私語や徘徊が減り、授業への集中度が12%向上したという。

研究者は「そもそも子どもはエネルギッシュな存在です。

なので、机と椅子に縛り付け、

動くと叱る方が間違っています・・・と言っています。

立って自由に体を動かしながら
学ぶ方がやる気と集中する時間が続きます・・・というのだ。

立って過ごす時間が長くなり、
授業中に消費するエネルギーが225キロカロリー増加しています。

これは放課後にローラースケートなどで遊ぶ運動量に
匹敵するという。

だから、最近の子どもの運動不足解消に役立っているのだ。

左の前頭前皮質が活発に活動します。

ここの場所は、作業記憶と実行機能をつかさどる場所なので、
集中力が高まるのです。

生徒たちに認知能力テストを行なうと、
1年間で7~14%スコアが向上したというのです。

 

なので、学力がアップにつながっています。

立つ時はアクティブな仕事、
座る時は受け身な仕事

いいことだらけのように見えます・・・・が

実際にオフィスで仕事をする場合はどうでしょうか?
「実行してます」という人々の体験サイトをのぞくと・・・。

 
スタンディング憧れるわ~
これで良くね?というノリで、
机の上に段ボール箱を置き、
上にキーボードとPCを載せてエントリー開始……

 
半年間立って仕事をした感想は、

『座るのと同じくらい立つのも良い』ということだった。

立つメリットは、
集中できる、
頭だけでなく体も疲れる、
思考や作業内容の切り替えがしやすくなる・・・などです。

http://goo.gl/Rnw2fb?

 

疲れたら座ればいいので特に辛くはないという。

1日中立ちっぱなしではなく、
ふと思いついたら立つのがよい。

「最初は足の裏が痛くなったが、
慣れると心地よい疲れなので、夜ぐっすり
眠れるようになったという人もいます。


立ち続けていると、仕事中眠気に襲われなくなります。

足や腰が疲れたらその場で体を伸ばして
ストレッチできるし、フットワークが軽くなるので
机の上の整理整頓をするようになる・・・などのメリットもあるという。

http://www.amazon.co.jp/dp/B018RT08IY?

最近は、高さを調節できるデスクが販売されていますので
好きな時に立ち、座って仕事をする方法がいいようですよ。

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!