「ビジネスセンスを磨く方法」とは、どんなこと?

「ビジネスセンスを磨く方法」

さくら子のメールボックスに

「ビジネスセンスを磨く方法」というのが届きました。

ビジネスにセンスがあるんですね。



それは、要するに、上手にビジネスや事業を
立ち上げたときに、うまく利益をどうやったら
出していけるのか・・・・と。

 

どうやったら売り上げを立てていけるのか、
そういった類のビジネスセンスらしいです。

 

それが本当のセンスでしたら
これを磨くためにはどうしたらいいのでしょう。

 

そして、ビジネスセンスを磨く方法には
いろんな方法があるというのです。

 

 

その中の一つとして手っ取り早く
効果があるのは・・・。

 

一体何かというと、身近な商品やサービスがどうやって
利益を出しているかを考えるように習慣を持つということです。

 

この習慣を持つことができればビジネスセンスは
自ずと磨かれていくという・・・。

 

 

身近な商品やサービスとは?

町中に溢れているようなもの、
世の中に溢れているものなど
あらゆるビジネスやサービスがどうやって
利益を出しているのかを見てみること。

 

 

又、どのように成り立っているのかを
考えるようにすると
自ずとビジネスセンスは磨かれていきます・・・という。

 

例えば、一つ例を出しますと、

美容院に行って髪を切った場合

髪を切ってすっきりしてくるわけです。

 

この美容室の業界といっても実は色々あります。

 

 

例えば、1000円カットのように町中の便利な場所に
店を構えて10分くらいの簡単なカットで1000円とか
すごく安い値段でやってくれるところがあります。

 

 

そういったところでは
どうして利益を出せているかという疑問がわきます。

 

 

 

・シャンプーをしないで、それを省くとか

・時間をすごく短くしてしまうとかして、

その分回転率を上げることによって利益を出していく・・・。

一方では、すごい都会的な、高級店に行って

有名なスタイリストさんとかに切ってもらうと

カットだけで1万円とかとられる世界もあります。

 

 

こういった場合は、すごく丁寧にカットしてもらえたり

いろんな付加価値のサービスを提供することによって

お客さんから高額な金額をチャージしても

リピートしてもらえるといった仕組みになっているわけです。

 

一つの美容業界といっても

ピンからキリまであるわけです。

 

ちゃんと仕組みができていると全く違う価格帯でも
ビジネスとして成り立つことができているわけですよね。

 

世の中に溢れているどんな
商品やサービスも、うまくいっているものには必ず
利益が出るための仕組みや背景が存在します。

 

それを自分なりに、これはどのような事で
うまくいっているのかな?・・・・と

考える習慣を持つと、自ずとビジネスセンスは
磨かれていくというのです。

 

ビジネスセンスを磨く方法としては
このように、仕組みが考えられます。

 

自分のセンスを磨く上でも
すぐにできる方法なので本当に簡単だと思います。

 

ただ、ビジネスセンスは、
経験とか、その人なりの考えもありますので
おおざっぱに例を挙げましたが
当てはまる事は少ないかも知れませんね。

 

とにかく、街を散歩するにしても
常にビジネスに対してのアンテナをはりめぐらして
おく必用があるでしょうね。

 

赤字にならない程度のセンスを磨きましょう!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!