PPC基礎関連記事・・・パート2

PPCサイトの作成の基礎続きです。

・サイト構築編

過去のPPCアフィリエイト手法は
「ペラサイト」を作って広告主ページに
誘導するというものでした。

だが、今ではペラサイトがだんだん通用しません。

・ユーザーに何かしらの価値を与えてることができる
・ランキングサイト
・体験談サイト・・・などを制作するのが主流のようです。

制作するサイトの良し悪しで購入率(CVR)が変わってきます。
また、
適当に作ったサイトはYahooプロモーション広告の
審査が通りません。


・広告出稿編

サイト制作後はYahooプロモーション広告などで
広告出稿していきます。

 

サーチワード広告、
ディスプレイ広告、
Facebook広告などを活用します。

 

・どのようなキーワードで広告出稿するのか
・どのような広告文を作るのか
・どのようなサイトに広告を出すのか・・・が
  重要になってきます。

 

・効果測定

広告出稿した後はしっかりと
「効果測定」をしなければなりません。

・売上以上に広告費を使っていないか
・購入率(CVR)が低すぎないか
・出稿単価が低すぎないか・・・などを確認しなければなりません。

広告費の目安で言うと
利回りが150%から200%の間をキープすることが重要のようです。

 

利回り150%の例でいきますと・・

広告費50万円
 売上75万円
 利益25万円

利回り200%の例でいきますと・・・

広告費50万円
 売上100万円
 利益50万円

利回り300%の例でいきますと・・・

広告費50万円
 売上150万円
 利益100万円

利回り150%以下200%以上がダメな理由は?

まず利回り150%以下の場合は
無駄な広告費を使いすぎているという問題があります。
出稿しているキーワードの選定ミス、
売れない商品を選んでしまっているということが考えられるので
ここは、シッカリと把握します。
・どのような案件を選定するべきか

次に、どのような商品を選んで
PPCアフィリエイトを取り組むべきなのか?

・「リスティングOK」の案件を選びます。
・「売れる」商品を選びます。

商標が使えない分、アフィリエイターが
「どのようなキーワードで広告出稿するのが良いか」と
考えないといけない分ライバルが減ります。
・ネットショップ案件

今現在「商標キーワードOK!」という案件は
なくなっている傾向にあります。

なので、初心者にはおススメなのが
ネットショップ案件です。

アフィリエイトプログラムを見ていると
何か1つの商品を販売しているものではなく
ネットショップ自体に誘導するプログラムがあります。

 
これらの場合、そのネットショップが取り扱っている商品1つ1つの
 アフィリエイトサイト(ページ)を作り、1つ1つの広告を出します。

 

200商品があれば200商品分のサイト(ページ)を
作り200個の広告を出稿します。

 

「商標キーワードNG」となっている場合
 「ネットショップ名」がNGなのであって、
取扱い商品や、その商品の型番はOKということです。

だが、「取扱い商品の商品名や型番のリスティングもNGです」の
ような文言がある場合はNGです。

 

・楽天トラベルなどポータル系

商品ではなく「サービス」をアフィリエイトするのもOKです。

・楽天トラベル
・バイトの求人サイトなどの案件の場合
 「ホテル名+予約」
 「企業名+アルバイト」
 「店舗名+アルバイト」などのようなキーワードで広告出稿します。

 

 ・報酬額が500円以上を期待できるものを選びます。

 報酬額が500円以上のものを
アフィリエイトするようにします。


これ以下ですと利益が残らないからです。

報酬額が金額ではなく「率」の場合も
500円以上が期待できるものを選択します。

 
しっかりと商品を見て500円以上の報酬額に
なるかを見極めます。

・ページの表示速度が速い

サイトの表示スピードに関してWEB業界では
「3秒ルール」があります。

お客が
サイトを開いて3秒以内に表示されないと
「直帰率」「購入率」が大きく減少します。

 

アフィリエイトをしようと思った
商品を購入ページを自分でアクセスし
3秒以内で表示されるかどうかを確認しましょう。

 
今はスマホからのアクセスがほとんどです。

スマホの場合は光回線ではなく読み込みスピードが遅いので
 スマホでアクセスしても
3秒以内に表示されるのかの確認をするといいですね。
 

・ネットからの申し込みがしやすい。

アフィリエイトサイトから
広告主のサイトに誘導します。
 ユーザーがその商品を購入、
サービスの申込みをして成果が反映されます。

その際、
「申込みフォーム」
「購入フォーム」が複雑なもの、アクションは簡単なものにします。
 

アフィリエイターの成果は
インターネット上からのアクションが成果として反映されます。

電話などでのアクションは成果につながりません。
 

・切り口がユニークな案件

切り口がユニークな案件も購入率が高くてオススメです。

 

例えば、いびきを改善するサプリなどです。
通常の商品は
「悩みを抱えている本人」をターゲットに設定します。

サプリの場合
「いびき」をしている本人ではなく
「一緒に寝ている人」をターゲットにしているのです。

「彼氏 いびき」「旦那 いびき うるさい」・・・と
 いうようなキーワードで狙えます。
 ・部位特化します。

ある部位に特化した商品なども売れやすく
安い広告費でアフィリエイトすることが可能です。

普通のニキビ肌のような商品ではなく

・顎ニキビ
・背中ニキビ
・ニキビ
・白ニキビ・・・といったような特化した商品です。

絞り込んだ商品は広告出稿しやすく扱いやすいです。
 広告費が少ない人、
初心者の人には特にオススメです。

 

・モデルや芸能人を採用している

これらの商品もPPCアフィリエイトで取りやすい案件です。

・モデルの名前
・芸能人の名前などで出稿できる可能性があるからです。

 

「ジャガー横田 美顔器」・・・ステナードソニック

「宮迫 育毛剤」・・・スカルプD

「沢尻エリカ コンタクトレンズ」・・・エバーカラーワンデーナチュラル
                    モイストレーベルUV・・などです。

でも、プログラムによって
「契約モデルの名前での出稿禁止」
 「そもそもリスティングNG」などの場合は、
 ダメなので要注意です。
・選定してはいけない商品があります。

 

選択してはいけない商品
・アダルトギャンブルはNGです。

これはYahooプロモーション広告の規約上ダメなので、
広告出稿ができません。
・アフィリエイト報酬が高すぎるモノ。

アフィリエイト報酬が10万円などのようなものは
報酬が極端に発生しづらいのでNGです。

 

そもそも売れないから報酬が高かったりします。
報酬が高いものは
「成果地点」が厳しかったりします。

成果地点が厳しいというのは例えば
 ・正社員として採用されたら10万。
・タウンページに掲載されたら10万円などです。

なかなか正社員として応募する人も少なく、
面接に行っても採用されるかどうか分かりません。
またタウンページに掲載するには
多額の広告費が必要です。
このような案件はなかなか成果が確定しないので
注意が必要です。
・リスティングNGの場合の注意

リスティングNGのプログラムは
 リスティングで成果が出ても却下されるので要注意です。


件獲得中99件を上手に騙せても
1件のリスティングが発覚すると
全部の成果がキャンセルされます。
 

広告費全て赤字になるので気を付けておきましょう。

 

またこれは広告主しか分からないことなのですが
不正がバレた場合、
「退会」にならなくても「履歴」に残ります。
・スマホ対応していない場合もあります。

誘導するページがスマホ対応していない
場合は、
控えましょう。

 

スマホ対応していないページで広告出稿してしまうと
Yahooプロモーション広告の場合、
インデックスがさがってしまいます。

 

なので、安い単価で広告を出稿することができません。
次回はパート3で配信します。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!