記事タイトルの決め方は重要です!

記事タイトルの決め方の注意点は何処にあるの?

記事ののタイトルは

・読者さんにメリットを感じさせる記事内容

・好奇心をくすぐる記事内容

・“ある悩み”を解決するための記事内容


検索ユーザーが求めている答えがここにあるよ~と
知らせる・・・ってことが大切ですね。

 

検索しているキーワードによって
検索ユーザーが求めていることは違います。

なので、記事を書くときは
記事の中でこのニーズに120%答えてあげることを
常に意識していかなければいけません。

このキーワードで検索している人は
何が知りたいんだろう・・・と?

 
常に考えながら・・・・書きます。

 

そして、答えはここにありますよ・・・という
ニュアンスの記事タイトルを考えていくといいですよね。

 

つまり、自分が何を発信したいか・・・よりも、

検索ユーザは、
・何を求めているか?
・何を探しているか?
・何に悩んでいるか?・・・などを考えながら
・記事を書いていくと、おのずと記事タイトルも浮かんできます。
そして、その時に最も気を付けなければ
ならないことがあります。

 

それは、記事タイトルの文字数です。

 
記事のタイトルはあまり長すぎるのは
よくありません。

 
記事タイトルは30文字以内に収めることです。

 

そもそも
Googleなどの検索結果には30文字程度しか
表示されません。

 
30文字以上長くなっても読んでもらえず
それがどんなによいタイトルでも反映されないからです。


なのでSEOを考えた場合、
ターゲットキーワードは必ず30文字以内に
全部出現するように調整するのです。


読者さんが、
多分検索するであろうキーワードを想定して、
それを簡潔にわかりやすくタイトルに組み込むのです。

 

キーワードタイトルが長くなると
それだけではなく、キーワードの重要度が
薄まっていってしまうのです。

 
長くなればなるほど、
ターゲットキーワードではない
キーワードが増えていきます。


キーワードが増えれば、
それだけ一つ一つの重要度が落ちいきます。


ターゲットキーワードだけを使って
簡潔な文章を作ったほうがGoogleの評価を
高めることができます。

 
それ自体は3つ位はいいのですが
同じキーワードが重複するのはあまりよくありません。


Googleは自然を好みますので
スバムにならないように要注意ですね。


このように書いていると
 ”Google検索エンジン”は人間のような感じですね。

 
ブログのアクセスアップを狙うのであれば
記事を書くコツは知っていれば
それに越したことはありません。

 

ただ書くのではなく、
検索ユーザーのためになるような内容の方が
親切で、アクセスが増えるでしょう。


 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

にほんブログ村

タイトルの力

タイトルの力

稼ぐ話

i2i


ロゴをどうぞお使い下さい!

ロゴマルシェ - LogoMarche

楽の手

%e3%83%bb%e3%83%bb%e3%83%bb%ef%bc%92

FMテンプレート

あなたも素敵なテンプレートができます!


バカ売れ

バカ売れです!

役にたちます!

お客さんが
勝手に買っていく
本です!

初心者必見・・・学べます!